美炎症の治療

鼻炎症状はとても辛いもの

アレルギー性鼻炎には大きく分けて、二つのものがあります。一つは花粉が飛び交う時期の「季節性」のものと、慢性的に症状がでる「通年性」のものです。「季節性」のものでも、あまりに症状の期間が長いと、「通年性」のものへ取って代わる場合もあり、アレルギー性鼻炎の治療は早期に望まれます。 アレルギー性鼻炎が起きるメカニズムとは、通常、鼻から呼吸をした際に、空気とは別に、スギ花粉やハウスダストといった、鼻の粘膜で抗原になる物質を一緒に吸い込んでしまうことで引き起こされます。鼻の粘膜というのは、抗原に対して、常に抗体というものを生成しているのですが、抗原があまりに過剰であると、抗体と抗原が結合し、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

アレルギー性鼻炎を専門医に診てもらう

アレルギー性鼻炎で悩んでおられる方の中には、その症状に耐えかねて、市販薬を使用されている方も多いと思われます。しかし、それでも症状が良くならずに、やむを得ず医師にかかろうかという人もいるのではないでしょうか。ここからは、耳鼻科などでは、どういった治療プロセスとなるものなのか、簡単に説明したいと思います。 まず、耳鼻科での治療は、診察ののち、薬の処方で経過を観察してみるところからはじまります。それでもし、経過が良好ならば、薬のよる治療が継続され、それがダメならば、手術による治療となります。これは「下鼻甲介焼灼術」と呼ばれるもので、レーザーや高周波を用いて行われます。局所麻酔による手術となるので、日帰りで受けることが可能です。他にも、鼻炎に効果があるという有効成分を配合したサプリメントなどもありますのでそういったものを試すのもいいでしょう。

注目の記事