慢性的な疲労のケア

疲労感は水分不足でも起こる

不規則な生活が続き、日常生活さえもまともに過ごせない状態になると、慢性疲労症候群という病気と診断されます。 慢性疲労にならないためには、水分の摂取が大切です。体が水分不足になると、脳にある視床下部は、生命維持のために体の他の機能よりも体温調節を優先させるために疲労感がでてしまいます。 他に鉄分不足だと貧血になってしまうし、逆に摂取し過ぎても疲労を引き起こしてしまいます。そして、デスクワークによる運動不足も疲労の原因となり、ストレスホルモンの値が高くなってしまうのです。 このように、慢性疲労を改善するためには、サプリメントなどでミネラルをバランスよく摂り、適度な運動をすることが大切なのです。

普段からの体のケアで疲れにくくする

慢性疲労にならないためには、疲れを翌日に残さない事が重要になってきます。 そのためにも、毎日少しずつ無理なく続けられる方法を見つけることも必要です。 自分でも手軽に行いやすいリンパマッサージは、リンパの流れを良くすることで、蓄積した老廃物をリンパ液が排出してくれます。効果を得るためにはリンパ液を心臓に戻さなくてはいけないので、手足などの先から心臓に向かってマッサージすることが大切です。 次にクエン酸を摂取することで、乳酸という疲労物質を分解し疲れの解消に役立ってくれます。血液の循環を良くしたり骨粗鬆症の予防にも効果があります。 他には、甘い物を過剰摂取すると低血糖になってしまい、疲労感が増してしまったりするので注意が必要です。 普段からマッサージやストレッチ、食べ物に気を配るなどをすることで疲れにくい体を維持することができるのです。

注目の記事